[語学学校で英語を学ぶ] 友達を作る4つの術

友達を作るために学校へ

私がクイーンズタウン、ネイピア、オークランドと学校を通う中で、

いかに国際色豊かな友達をつくるか

というのは一つの大事なテーマであった。

しかしニュージーランドに来る多くの留学生は、短期間の滞在である。

同じ高校に3年間通うならまだしも、限られた時間の中で仲の良い友達を作るのは、実は結構難しい

今回は、私が実践した中で体得した「コツ」みたいなものを紹介したいと思う。

考えてみればどれも「そりゃそうだろう」と思うようなことばかりである。

しかし実際、言うは易し、行うは難しである。

1. 基本は笑顔でいよう

これは逆の立場になって考えればわかることだが、笑顔の人は無条件に親しみやすい。そこに込み入った理屈はない。

話をしなくても、基本は目が会えばニコニコしていることが大切だ。

大切なのは、相手に「話しかけやすそう」な印象を持たれること

これは日本に暮らしていると体得できない習慣である。ぜひ意識的に実践をしてみよう。

2. 相手を名前で呼ぼう

授業で知り合った友達の名前はしっかり覚えておこう。

おそらく発音しづらかったり、名前を憶えづらかったりすることが殆どである。

それでも朝すれ違った時、

「Hello, how are you?」 と語りかけるのと、

「Hello, John. How are you?」 と語りかけるのでは、相手に与える印象が大きく違う

もしあなたがラーメンなら、それはチャーシューが有るのと無いのくらい、大きな違いである。

3. 週末に旅行に行こう

週末に旅行に行くことによって、友達との距離感はぐっと縮まる

逆に言うと、週末に旅行に行ったりしない場合は、授業でしか会わない友達になってしまう。

週末が厳しければ、放課後でもよい。大切なのは、「授業以外の経験を共有すること」である。

多くの語学学校では、週末の旅行の案内を紹介してくれる。ツアーに参加するのも良し、慣れてきたらレンタカーを借りるのも良しである。

もちろん、慣れない環境で週末を外国人と過ごすことは、「それなりに疲れる。

関連記事はこちら

言葉の壁もあれば、習慣の違いもある。しかし終わってみれば、それも含めて忘れられない経験となるはずである。

4. 一緒に飲みに行こう

これが最も手軽な方法であり、私が大切にしていたことである。

「飲みニケーション」はサラリーマンだけでなく、語学学校という限られた時間の中でも有効に機能する。

学校では聞きづらいことでも、気兼ねなく質問をする絶好の機会である。

そして場合によっては、ほかの学校に通う生徒とも友達の輪を広げることができる。

ただ、毎回の飲みが愉快千万ではないのも、事実である。

バーの空間がうるさ過ぎたり、話すメンバーの輪に中々入れないこともある。

「つまらないな」と思ったら、空気なんて読まずにサッサと帰って寝てしまおう。

変に気を遣う必要はない。

そこがサラリーマンとの、(良い意味での)大きな違いである。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す