五島列島 福江島への安い行き方

Go to Goto(時間<お金のプラン)

移住をするにあたり、家の下見をしたかったので、五島列島へほぼ1年ぶりに足を運んだ。

しかも1日の間に、陸・海・空を制覇する、ほぼすべての交通手段を必要とした。

私の場合、時間よりお金を節約したかったので、朝の5時半に家を出発して、宿(ゲストハウス  ネドコロノラ)に到着したのが夕方の6時。

時間を節約したい場合は、長崎から福江港までの飛行機を利用するのが良いだろう。

以下、私の移動経路と料金を紹介しておく。

  1. 電車 (実家〜羽田空港) 1時間 1000円
  2. 乗り継ぎ飛行機 (羽田空港〜神戸空港〜長崎空港)3時間 9500円 ←超安い
  3. バス (長崎空港〜長崎港)1時間 900円
  4. 船 (長崎港〜福江港)4時間 2110円

+α 原付バイク3日利用 (福江港〜宿泊先)30分 8000円 ←超寒い

バイクを除けば都心から福江島まで、最安で往復3万円〜4万円くらいでいけるだろう。以下、私が利用した安い行き方の紹介。

  • 飛行機・・・スカイマーク(「今得プラン」が一番安い)
  • レンタルバイク(福江島)・・・池田レンタカー

【スカイパックツアーズ】

【池田レンタカー】

移動中の時間の過ごし方

何しろ離島に行くまでには時間がかかるので、いかに退屈せずに時間を過ごすかが大きな課題となる。

フェリー船は揺れも少なく寝床もあって快適なのだが、いかんせん時間が長い。(船内ではWiFiの利用はできない)

毛布もあるので寝るのもアリ

海外への移動と同じだが、長時間移動ではiPadが大活躍をする。

漫画や書籍といったコンテンツをダウンロードしておき、船の中で楽しむ準備をしておこう。

また、有難いことに船内では自動販売機でカップヌードルやアイスを食べることができる。

島での移動

バスは本数が少ないため、移動にはレンタカーが便利である。

先程紹介したい「池田レンタカー」は価格が他よりも安く、電気自動車も取り揃えられている(島内にはガソリンスタンドだけでなく、電気自動車の充電箇所も充実している)。

【池田レンタカー】

私は原付バイクを3日間レンタルしたのだが、(言うまでもなく)冬は寒いので要注意だ。

まとめ

安く五島へ行くための情報は以下の通りである。なお、航空券はやはりシーズンオフの1月〜2月あたりを狙うのが良いだろう。

人混みも避けられ、値段も安いので一石二鳥だ。

  • 五島列島福江島まで、東京都心から往復3万〜4万程度
  • 船の移動時間が長いので、暇つぶし手段が必要
  • 島での移動は「池田レンタカー」が手頃

時間に余裕があれば、長崎港の周辺で1泊するのもアリである。

その場合は「カサブランカ」というゲストハウスが安くて便利だ。

ゲストハウスカサブランカHP

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す