結婚はお金と時間の無駄-前近代的な儀式契約の虚しさ-

20代後半の忘年会の話題

20代の後半ともなると、同窓会で会う友達の話題の半分以上は「結婚」に締められます。

もう結婚したの?とか

あの人は恋人できたの?とか

その場にいない人の話も含めて話が結婚で結構盛り上がります。

結婚という常識

話を聴いていると、どうやら一般的な20代後半の男女は、

「結婚する」=「早めに通過しなければいけない人生のポイント」

だと思っている人がほとんどです。だからこれが30代とかになると、

「お前、まだ結婚してないのかよ?」

的な流れになっていくのだと思います。ちなみに私は現在、お付き合いをしている人がいない立場です。

それも踏まえて、結婚についての私見を述べたいと思います。

結婚は前近代的な儀式契約

私の意見はいつも「変だね」と言われるのですが、

「結婚なんてしなくてよくない??」

です。それを言うと友達は、

「何言ってんだよおまえww」

と、ファニーに受け止められますが、逆に私からすれば、どうしてみんなそんなに結婚したいのか、ちょっとよくわからないのです。

実際、結婚は時間とお金がかかります。

  • 大して価値も分からないけど高価な指輪のプレゼント
  • 「幸せな空間」を味わうための結婚式

こうしたことに、驚くくらいの大金と労力を費やしている人が、(本音を言えば)アホらしいとさえ思えます。

結婚願望は大きく二つ

でも、そこまでして結婚をしたいとはどういうことなのでしょうか?その理由を身近な友達に聞いてみたら、

「常識だから」

といった答えや

「親を安心させたいから」

といった答えが返ってきました。つまり結婚というのは、愛する2人だけの問題ではなく、

「社会的な慣習」

に過ぎないとあるといえるでしょう。お盆の帰省ラッシュや正月の初詣と同じレベルで、

「何でかはよくわからないけど、皆がそうだから」

という感じです。考えてみましょう。孤島に2人だけで生活をしているならば、結婚なんてする必要はありませんよね?

考えてみると、「結婚願望」は大きく二つに分けられます。

  1. 能動的な結婚願望(◯◯したいから)
  2. 受動的な結婚願望(しなきゃいけないから)

これについて考えてみます。

①能動的な結婚願望

結婚をする理由の代表的なものとしては、

  • 子供を持ちたい
  • 家を持ちたい
  • 一緒に暮らしたい

が挙げられます。でも単純に考えて、そうした

「◯◯したい」

という能動的な願望は、「結婚をしなくてもできること」です。家を買って子供を持っているからといって、別に結婚をする必要性はありません。なぜなら、実体としての「結婚」とは、ただの法律上の契約に過ぎないからです。

だから私から見れば、「結婚をしたい」というのは、

「契約書にサインをしたい」

と言うのと同じくらい不可解なことに見えます。同棲したいならすればいいし、子供を作りたいなら作ればいいだけです。

しかし先ほど述べた通り、結婚は「社会的な慣習」ですから、子供や同棲といったアクションをする上では、「結婚したから」という口実が役に立ちます。

どちらかが会社を辞める理由にもなるし、周囲からもすんなりと出産を祝福してもらえます。そのため、「結婚」は社会生活を円満に営むための「手段」という側面もあります。

逆に結婚をしないで同棲をしていたり、結婚をしていないで子供を持ったりすると、日本では眉をひそめられます。

②受動的な結婚願望

これは当事者の能動的な想いとは反対で、「周囲から圧力をかけられる」タイプです。

先ほども述べた通り、同棲したいならすれば良いし、子供が欲しければ作れば良い訳です。結婚をしなくてもできます。

しかし

  • 親がうるさいから
  • 周囲から「まだなの?」と聞かれるから

といった理由も、ネガティブな意味での「結婚願望」になります。特に女性には、こうした「周囲からの期待」みたいなものが強い気がします(そして年を重ねるにつれ焦り始める)。

その背景は何でしょうか?

古くから日本人の意識の中に染み付いている

「結婚をしないと一人前の大人ではない」

というステレオタイプではないでしょうか。しかし言うまでもありませんが、

「結婚をしていること」と「人間的な成熟」

は全く無関係ですよね?

にも関わらず、

「あの人はまだ結婚もしていないから、〇〇ですよね。」

とマイナスの評価を持たれることは、会社の中や社会では多いです(田舎の方が強いイメージ)。

私の私見では、風通しの悪い社会空間であればあるほど、

結婚=「立派な社会人」の通過儀礼

と見なす傾向が強いと思っています。

でも単純に考えて、

「周囲から焦らされて始めた結婚生活」

って、そんなに長続きしなそうな気がしませんか?

今やスマホを通じて手軽に男女が出会える時代です。

現代社会で「受動的に」結婚をしてしまった人は、半分以上の確率で数年以内に離婚すると思います。

「結婚式」は時間とお金の無駄

「結婚」=「結婚式を挙げる」=「幸せな気分になる」

と思っている人も少なくありません。少なくとも女性にとってはその意見が強く、男性は

「女性のために結婚式に付き合わされている」

感じも否めません。

でも考えてみれば結婚式は、バレンタインやクリスマスと一緒で、ブライダル業界の作り出した「商業的な幸せのイメージ」に踊らされているだけです。

私の知り合いの中には、結婚式だけで800万もかけている人がいて、顎が外れそうになりました。

まあ中には、お金をかけずに最小限度の慎ましい結婚式を挙げる人もいますが、私の周りでは数百万円くらいをかけて結婚式を挙げるのが平均的です。

誤解を恐れずに言ってしまえば、1日だけのパーティーで何百万円も使うのって、馬鹿馬鹿しくないですか?

それよりも、同棲後の生活を安定的に運営するための設備投資にお金を使ったほうが良くないですか?

まとめ

日本の結婚事情は色々な面で面白いです。要点をまとめると、

  • 結婚の実体は、ただの書面上での契約に過ぎない
  • 結婚したい理由は、社会生活を円滑に進めるため
  • 能動的な結婚願望を満たす結婚は、必要ではないが役に立つ
  • 受動的な結婚願望を満たす結婚は、長続きしない
  • 結婚式は、たったの1日のために多大な時間とお金を要する

ということです。こういったことを踏まえると、

「別に結婚なんて面倒なこと、しなくて良くない?」

って思いませんか?

まあ幸せの基準は人それぞれですから、極論言っちゃえば「誰かが結婚した」とかいう話は「どうでもいいこと」です。

ただ残念なことに、人生は短いので、「他人のクソゲー」に付き合っている暇はないと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

「結婚はお金と時間の無駄-前近代的な儀式契約の虚しさ-」への1件のフィードバック

コメントを残す