Uターン。Iターン。そしてXターンの時代。

ターンを巡る言葉のあれこれ

地方と都市を結んで、よく「ターン」と言う言葉が使われます。

IターンとUターンは有名なのでご存知の方も多いかと思いますが、一応典型的な事例と違いを紹介しておきます(ついでにJターンも)。

  • Iターン:都会育ち→田舎移住
  • Uターン:田舎育ち→都会生活→田舎回帰
  • Jターン:田舎出身→都会生活→そこそこの都会へ移住

それぞれの違いは、「生まれた場所」+「今居る場所」でして、都会出身者はそもそも「Uターン」できませんし、田舎出身者は「Iターン」できません。

そしてよく見ると、「Iターン」は一方的な片思いで、そもそも「ターン」すらしていません。

この原因は、元々「Uターン」と言う言葉が先にあって、後から「Iターン」と言う造語が使われたからではないでしょうか。

つまり、「若者の地方回帰」という奇妙な社会現象を前にして、誰かが「Iターン」という言葉を作ったのだと思います。

意外と知らないOターン

Oターンという単語をご存知でしょうか?

簡単に紹介しますと、

  • Oターン:Uターン状態→都会移住

ということで、場所が最終的に「都会」に戻るケースです。

意外と多いですよね。

(こんなはずでは・・・。)

と思って故郷を離れてしまう人。やっぱり一番大きな原因は、地方が「主力産業ないのに都会と同じ競争しちゃう」ことでしょう。

  1. 地方に主力となる産業がない
  2. でも都会と同じ競争をしてしまう
  3. だから利益が上がらない
  4. よって低賃金しか従業員に払えない
  5. 若者の諦観・都市への回帰

になるのだと思います。

これからの時代は「Xターン」

これからの時代は、特に若者にとって、ますます「時間と場所」に捕らわれない働き方が可能になる時代です。

そのため、

「一箇所にとどまり続ける」=「骨を埋める」

という発想自体が、時代遅れになります。

どこに居ても仕事が出来るので、より一層、人の行き来がしやすくなり、「Xターン」が発生します。「Xターン」とは要するに、

「複数の土地に仕事や人脈を持ち、定期的に移動しながら生活をする人」

でして、近年よく耳にするノマドワーカーとの違いは、

地域との接点が0ではなく、ユルイ距離感で地域とも関わりあっていくこと

ですかね。そうすると別に、生活の場は日本国内だけに留まらないですね。よってこれからの時代は

  1. 家族とか土地とか地域とかに必要以上に束縛されず
  2. 副業をしながらあちらこちらに移動・滞在し
  3. その土地ならではの人や文化とユルく交流できるような生活

が楽しそうですね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

「Uターン。Iターン。そしてXターンの時代。」への1件のフィードバック

コメントを残す