【株の勉強】日経平均の下落で大騒ぎするマスメディア

2月6日のニュースは皆同じ

アメリカ発の金融不安に端を発するニュース一色でした。

  • 西日本新聞:東証、一時1600円安
  • 朝日新聞:世界株安 東証1071円安
  • 毎日新聞:東証急落一時1600円超安
  • 日経新聞:自動取引 株安を増幅

などなど。日本の社会全体は逃げ場がないくらい、

  日経平均株価に支配されています。

※内容的には日経新聞だけが唯一、突っ込んで解説を入れている感じです

日経平均株価は偏っている

そんなニュースに対して、多くの人が色々な心配や予想を立てているのですが、

「日経平均に振り回されすぎじゃない??」

と思ったりします。

なぜならこの日経平均、東証一部上場企業の225社の平均とされていますが、会社の寄与度(平均値に与える影響度)にはものすごくバラつきがあるんです。

こちらのページの「日経平均採用全銘柄 寄与度 一覧」を見れば分かりますが、ユニクロとかファナックとかソフトバンクとか、一部の企業が全体に与える影響がとても大きくなっています。だから

日経平均が下がった!ヤバイ!

と悲観的になる必要はなく、実体としてどのような動きがあるのか、押さえることが大事ではないでしょうか。

ひとまず言えることは、

そんなに大騒ぎするなよ。。。

ってことではないでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す