長崎港付近(徒歩10分以内)の格安な宿泊・寝床の紹介

長崎市

五島で生活をしていると、身近に感じる長崎市。

今回は、私が体験した中で、おススメの「安く滞在できる場所」を紹介します。

ホテルの相場は6000円~ですが、それよりも安く夜を明かせる場所は実は沢山あるんです。

  1. カプセルホテル(¥4,100~)
  2. ゲストハウス(¥2,500~)
  3. 漫画喫茶(¥1,980~)

それぞれ順番に、スポット情報を紹介していきます。

疲れた人は「カプセルホテル」へ!

料金は4,100円です。

ここの素晴らしいところは、↑の料金で宿泊と温泉が利用できることです。しかも港から歩いて10分程度です。(男性専用)

ジャグジー、サウナ、ドライミストの付いた素晴らしい温泉です。マッサージもあるため、心行くまでリラックスできます。

ただ、寝室のベッドが少し堅いのが玉にキズですかね。

誰とも関わらず、安くて優雅な時間を過ごすには最適な場所であるといえます。

温泉と宿泊がセットで4,100円は、とってもありがたいですね。

旅人はゲストハウスへ!

料金は男女混合部屋で2,500円。

こちらは個人旅行者向けのお宿でして、シーズンによっては外国人だらけ、ということもあります。

対応は勿論日本語でしてくれるので問題ありません。

ただ、宿泊部屋がドミトリー(仕切りのない2段ベッド)のため、他人との距離感が気になる人は、少し抵抗があるかもしれません。

そんなゲストハウスの良いところは、「肩肘張らず世間話」が出来る点です。ドリンクもラウンジに持ち込めるので、安く交流を楽しむことが出来ます。

実際、2,500円で宿泊+英語の勉強+コミュニケーションスキルの向上にもなるので、若い方にはおススメですよ。

金欠な人は漫画喫茶へ!

BOX席の料金は12時間パックで1980円(+入会金300円)です。

長崎には移動の手段がないから、数時間だけ滞在したい、支出を最小限に抑えようと思ったら、漫画喫茶をおススメします。

しかも12時間も利用可能なので、飽きるまで漫画を読み続けることが出来ます。

私はここに2、3回泊まりましたが、漫画の山を枕にして寝るのって贅沢ですよね。

シャワーも利用可能ですので、安心して夜を明かすことができます。

ただし、BOX席は狭いので、決して快適に眠れるわけではありません。ご注意を。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す