環境・エネルギー問題の情報収集&発信をしていきたい

五島の再生可能エネルギー

五島でガイドの仕事をする上で、「再生可能エネルギー」はホットな話題です。

  • 洋上風力発電
  • 潮流発電
  • 水素燃料の船舶実証実験

などなど。実際、五島列島では「エコな島」を標榜して電気自動車がバンバン走っています。

参考情報はこちら

島内をバスや自動車で回っていると、沢山のソーラー発電や、陸上風力発電を目撃します。それに対して、

(景観が乱れて嫌だなあ)

っていう声を、地元の方々からよく聞きます。

良いか悪いかは別として、五島では沢山の土地・海が「再生可能エネルギー」の枠組みに取り込まれ中です。

五島の環境

一方で、観光客が来る理由も、

「五島の景観が素晴らしいから」

っていう声をよく聞きます。

実際、私も五島の景色に心を動かされて移住した人間ですし。

最近では「毎日が絶景!プロジェクト」も進んでいたりします。

そうであるからこそ、五島の自然を守りたい、って言う気持ちはよく分かる気がします。

世界は繋がっている

そうするとやっぱり、世界との繋がりを意識しないわけには行きません。

海ゴミもそうですし、タンカーの流出事故もそうですし。

で、結局考えてみると、「エネルギー問題」と「環境問題」って、裏表一体の問題なんですよね。

私たちは、好むと好まざるとに関わらず、世界とも繋がっていて、影響を受け続けています。

何しろ日本のエネルギー自給率はたったの6%(2014年・経済産業省)ですからね。

  • 中東の政治情勢
  • 資源価格の高騰
  • シェールガスの採掘不足

なんていう「様々な海外での出来事」に対して、身近な例で言えばガソリンの価格が高騰したりします。

福江島では、本土と比べると20~30円くらい高くなっています。

丁度株の勉強も始めたので、「環境」と「エネルギー」の問題を、

日本の離島 × 世界の動き

という視点で発信していきたいなーって思います。

地域に縛られないように

どうしても離島で生活をしていると、視野が狭くなりがちです。特に地域おこしの任を担って地方にやってきた若者は、

「地域のために地域のために・・・」

っていう論理に縛られて、島の外側の世界に対する情報感度が低くなってしまいがちです。

離島は世界的に見れば「周辺地域」に過ぎません。もっと分かりやすく言うと、

世界で起きる事件の影響をモロに受けてしまう場所です。

離島生活をする上では、「外側の世界に対する感度」をいかに高く保つか、ということが若い人にとっての課題であると言えるでしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

YouTubeチャンネルはこちら↓

後援会活動サポートのお願い

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す