これからのHUNTER×HUNTERの話をしよう ①物語の醍醐味を考察

ハンターハンターが熱い

継承戦・盛り上がってますねー!

今週号(代377話)は久しぶりに興奮しました。

センリツ・旅団・ヨークシン・貧者の薔薇

って、すごく懐かしいですよね。

HUNTER×HUNTERですが、もうかれこれ20年も続く長期(休養)連載となっていて、2018年現在はONEPIECEに次ぐ二番目のご長寿漫画となっています。

本日は、そんなHUNTER×HUNTER(HH)の面白さについて、考察をしてみたいと思います。

醍醐味1.先が読めない

単純な比較として、同じく世界的な人気を誇るONE PIECE(OP)を引き合いに出してみましょう。

OPの場合は、何だかんだ言っても、

結局ルフィが勝つんでしょ?

っていう予測が立ちます。ですので、主人公(及びその仲間)がどんなに苦境に陥っても、

絶対に死なない(≒誰かが助けてくれる)

って言う感じで、「安心して」先を読み進めます。

ところがHHに関しては、もやは主人公不在で話が進んでいます。主人公は物語の中では特別な存在ですが、それ以外は皆平等です。つまり、

いつ・どこで・誰が死んでもおかしくない

状態が延々と続くわけです。

そこは推理小説にも似たわくわく感、つまり

「誰が生き残るか?」

を予想・推理する楽しさがあります。

私はカイトがいきなり死んだとき(10年以上前ですが)一番驚きましたね。

醍醐味2.視点が変わる

私は小学校の頃からHHを読んでいますが、面白さのポイントは「視点が変わる」ことではないでしょうか。

例えばヨークシンの後半(12巻~13巻あたり)では、クラピカとの対立を巡って「旅団視点」で話が進んでいたように思います。もちろん主人公サイドの視点もありますが、HHでは頻繁に、

相手側の視点

も取り入れられています。それはキメラアント編についてもいえますね(=主人公の登場人物が少ない)。

最近の例で言えば、読者が長年待ち望んだ

「クロロ VS ヒソカ対決」

これはどっちが勝つのか全然予測ができなかったですよね。

9割ちかくヒソカ視点で戦闘が描写されましたが、最終的な結果については、完全に読者が裏切られた感じです。

このことからも、富樫さんはいつも読者の「斜め上」の結果を目指そうとしている感じがします。

醍醐味3.「人間の外側」からの問題提起

今までの話を振り返ってみると、象徴的なのはやはり「蜘蛛(=幻影旅団)」と「蟻(=キメラアント)」でしょう。

HHという物語を通じて、富樫さんは意図的に「人間の外側」の世界を描こうとしている感じがします。

  • 蜘蛛:人間だけど「社会と対極」な存在
  • 蟻:人間じゃないけど人間的な存在
  • ジャイロ:人間だけど人間じゃない存在

そしてこれから描かれるであろう暗黒大陸に至っては、更に人間とはかけ離れた存在が待ち受けているのでしょう。

こうした「人間の外側」を意図的に描くことを通じて、

人間ってそもそも何?

という問題提起をしているように感じられます。

これから先は、富樫さんの「推理小説」の部分を考察してみたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す