次世代の「公務員」は役場を飛び出し「草の根の活動家」になる

安定の公務員?

これからの公務員の仕事は、他の職種と同様にIT化されます。

それは仕事の9割以上が、入口と出口が決まっているルーティーンワークに過ぎないからです。

地方の役場に行けば分かりますが、暗い部屋で画面と睨めっこし、事務処理に追われている職員が9割くらいではないでしょうか。

法律を犯さない範囲内で判子を押すだけの仕事が未だに多いのは、「効率化」を促す市場原理が働かないためです。

最近はポリテックという言葉も出てきていますが、金融の次のフィールドとしてITの波が押し寄せてくるのは政治でしょう。

公務員ショック

やっぱり何だかんだ言っても、「安定」を目指して公務員になっている人って多いと思うんですよね。

安定した給料・安定した昇進・安定した老後・・・。

でも、もし革新的な地方行政トップが現れて、

「無駄な人員を3割カットして効率化します!」

なんてことを言ったらどうでしょうか?

晴天の霹靂で働く気が失せて、生きた心地がしないでしょう。

もちろん一方的に首にすることは出来ませんから、実質的には大幅な賃金カットが行われるでしょう。

「市民のために」役場勤め?

とは言え、一気に全員がいなくなる訳ではありません。皆少しずつ賃金が下がり、少しずつ人が居なくなっていくのです。

それは全体としてみれば望ましい傾向なのですが、果たしてそうなったときに、職員が目指すべき理想の心理状態って何でしょうか?

市民のために頑張ります!

って言う上っ面に過ぎない宣伝文句は、全く市民受けしません。

なぜなら、職員が「役場に存在すること」自体、市民に対して良くないことだからです。ポリテックスが普及した社会では、

役場に人間が勤めている=税金で馬車を走らせている

ように認識されます。

草の根の活動家になる

そんな辛い市民からの眼差しを余所に、職員が目指すべき姿は、

「草の根の活動家」

です。地元のことを誰よりもよく知っているはずの職員が、

  • 地元のために必要な活動を誘致し
  • 地元のために必要な資金を調達し
  • 地元のために必要な計画を立てる

ということです。

現代の公務員のように、中央集権体制で細分化されたコマの一部として動くのではなく、全体として組織された活動の中心として、草の根の活動を展開するということです。

つまり、小さな地元の頼れるリーダーになるということです。

現在では、役所に勤める多くの職員が、中央が求める事務処理に追われ、地域のために殆ど頭と身体を動かしていません。しかしながら、そんな単純労働は、機械に任せておけばいいのです。

小規模単位でそういう「リーダー」を中心とするコミュニティがゲリラ的に生まれることが、地域と地元の新しい活性化モデルです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す