【島原天草旅行記2】私に子供がいたら

セルフブランディングの時代

1人で旅行をするのは久しぶりだったので、これからの旅行のあり方について考えてみました。

1人で回るのも楽しいですが、折角なので旅先で知らない人と知り合ったり、一緒にご飯をするのも楽しそうです。

そこでふと思ったのは、「セルフブランディング」の時代だなあということです。

これからの時代は、

  • 自分でアバターをネット上に作り出し
  • 自分で情報を発信して
  • 自分で繋がりを作っていく

時代だということです。これが上手く軌道に乗ると、

「今日天草に来た!誰か泊めて!」

というだけで、ネット上の人物が家を提供してくれるかもしれません。今でもこういう生き方が、少しずつ浸透しています。

参考:プロ奢ラレイヤー

仕事しないで生きられる時代

旅行だけではなく、現代は「仕事なんてしなくても余裕で生きられる時代」になっています。

でも、それは一部の人だけでしょ?

という批判もありそうですが、実際はそうでもありません。

音楽で活動をしている人や絵を描いている人は、自信の作品をオンラインで配信することで、収入を得ることも出来ます。

そんな時代で「一番強い生き方は何か?」

と言うことですが、ずばり、

飽きずに夢中で創作活動をし続けられる人

です。こういう人にとっては、AIが出てきても、「仕事のやりがい」だとか、「収入源」を奪われることはありません。

私に子供がいたら

という訳で、私に子供がいたら、

  • 学校は行かせずに、好きなことだけ朝から晩まで

させてあげたいと思います。

昭和の時代の道徳観念は、

  • 嫌いなことでも我慢して、下積みを・・・

という押し付けで、皆が九九を覚えなければいけませんが、これからは全く逆の発想が必要です。

小さい頃から義務教育の罠に嵌ってしまうと、自分の本当の興味を再び見つけるまでに、回り道が必要になってしまいます。

やりたくないことはしない。

それで世の中廻っていくのですから、小さい頃からそういう風に教えてあげるのが良いでしょう。

そんなことをバスの中で考えました。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す