田舎暮らしに必要な「ラッキーの作り方」のご紹介

田舎暮らしの秘訣

千葉から五島に移り住んで1年半あまり。

今のところ、迫害をされることもなく、日々楽しく生活が出来ています。

さて本日は、私の経験を基に、「島ビジネスの秘訣」みたいなものをご紹介します。

それはずばり、「ラッキーの数を増やす」ということです。私はこっちに来てから、ラッキーに恵まれていると思いますので、生活で起きたラッキーをご紹介します。

  • 町のど真ん中で家賃2万円の物件が見つかる
  • まだまだ走れる車がタダで手に入る
  • 週1くらいでタダメシを頂ける
  • 知り合いに恋人を紹介してもらえる
  • ブログを書いていたら0円で旅行にいける
  • 島の社長さんと次々知り合いになれる
  • 困ったときに助けてくれる従業員に恵まれる
  • 買った株価が上がる

こうしたことは、生活をする上でもビジネスをする上でも大きなメリットでして、全て予想外のことです。

本日は、「ラッキー作りのレシピ」と題して、その方法をご紹介します。

「良い知人関係」が下地

ラッキーは、お金では買えない「良い知人関係」を作ることから始まります。「良い知人関係」を構築することにより、ラッキーなことが増える確率が上がります。

具体的に言うと、

  • 「ここだけの」貴重な情報が得られたり
  • 資産(家や船、車)を譲ってもらえたり
  • ご飯をおごって貰えたり

です。ただし大事なのは、こうしたラッキーを「期待しないこと」です。

何かラッキーなことがあるかもしれない。

くらいにしておきましょう。下心を出すと、運は逃げていく気がします。

それでは具体的に、「良い知人関係」とはどういう関係か、ここでは「お隣さん」と「パートナー」に分けて、それぞれの秘訣をご紹介します。

「お隣さん」と良い関係を構築する

カタイ言葉で言えば、「取引先」でしょうか。

私の場合はガイドやレジャー関係の仕事ですので、居酒屋、カフェ、ホテル、レンタカー屋さんがにそれに該当します。

①頻繁に顔を出すこと

まずは顔を覚えてもらうことが肝心です。一度だけではなく、暇なときは顔を出すように心がけましょう。

最初は警戒されるかもしれませんが、頻繁に顔を合わせていくと自然に心の壁も薄れていきます。

理想的には、朝の散歩がてらに毎日知り合いに挨拶をしに行くことですかね(私は出来ていませんけど)。

心理学的に見ても、「頻繁に顔を合わす」→「関係がよくなる」を示す実験が数多くあるそうですよ。

②無償で手伝いをすること

自分のスキルを活かして、手伝えることがあれば理想的です。

スキルとまでは行かなくても、誰しも「困っていること」はあるはずです。特にご高齢の方が営むお店ですと、PC関連のトラブルが多いです。

何か手伝えることがあれば、それは「お金を得るチャンス」ではなくて、「良い関係を得るチャンス」です。

心理学的に言うと、「返報性の原理」というのが働き、相手もあなたに対して何かをお返しをしたいという気持ちが生まれます。

③笑顔でいること

笑顔でいることがなぜ大事なのか?

理由は沢山ありますが、ここでは「余裕を見せること」をご紹介します。

毎日忙しく働いていると、心に余裕がなくなります。

余裕がなくなると、折角の新しいチャンスが目の前に転がっていても、気が付かなくなる可能性があります。

例えばあなたの取引先が、あなたに紹介できる「オイシイ話」を持っていても、あなたに余裕がなければ

負担になりそうだから辞めておこう

と思ってしまうはずです。笑顔でいることにより、相手に与える印象はがらりと変わり、色々と繋がりが生まれます。

笑顔はビジネスの話だけではなく、気軽にご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりする機会にも繋がります。

パートナーと良い関係を構築する

カタイ言葉で言えば「従業員」や「同僚」、若しくは「仕事仲間」です。

これは私が殆ど出来ていない(けど大事だよなー(σ´・ω・))と思うことのまとめです。言うは易し、行うは難し、ですね。

これから先の時代は、「超絶人手不足」です。

就活を見ても分かるとおり、「超売り手市場」ですので、従業員の確保は今まで以上に深刻な課題となります。

黙っていても人が集まる時代は終わり、いかに従業員と「楽しさ+賃金」を満たせるか?が問われているように思います。

①信用しても期待はしない

従来型の雇用形態では、経営者と従業員の立場は、ある意味反対です。

そこにはお金をベースとした「時間区切り」があるから、分かりやすくいえば

  • 従業員:出来るだけ動きたくない
  • 経営者:出来るだけ動いてほしい

といった、相反する想いが錯綜します。

スタッフを信用をすることは(ある意味で)大事ですが、一方では期待をしないようにしましょう。

過度に期待した場合、

(何でこんなこともしてくれないんだ!?)

とマイナスの感情が生まれてしまいます。一方で、そもそも期待をしていなければ、従業員がしてくれる些細な協力・気遣いに対して

(ラッキー、有難うございます!)

というポジティブな感情が生まれます。

②減点ではなく、加点で見る

男女の恋愛にもいえますが、人はよく、減点方式で人の欠点を探してしまいがちです。

で、減点評価で人を見たときに、生まれるものはマイナスの感情だけです。

(なんでそうなんだ!?)

とムシャクシャしたときは、問題を正確に見定めましょう。

直すべきところ(規則やルール)は注意して、そもそも変わらない部分(性格的な部分)は諦める。

これ実はすごく難しいんですけどね、特に日本は、上限関係とか役職の違いとかがありますから、フラットに人を見ることは、普段から意識したほうが良いかもしれません。

③注意よりも褒める

これも難しいですが大事です。パートナーは出来るだけ褒めましょう。そうすると相手も嬉しくなります。

一般的には、注意するよりも褒めるほうが難しく、そしてポジティブな効果をもたらすと思っています。

お世辞でもいいから褒めちぎりましょう。

ゴマを擦るくらいに人を褒めたい今日この頃。

まとめ

ラッキーを作る下地は、「良い知人関係」です。

「良い知人関係」を作る材料は、

  • お隣さん:笑顔で何度も顔を合わせる
  • パートナー:辛抱強く、良い点を探す

ことだと思います。

これを愚直に繰り返していけば、特に田舎では、沢山のラッキーにめぐり合える気がします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す