安楽死と尊厳死、そして「忖度死」の時代

延命サービスと自死の決断

前回の記事でご紹介したとおり、延命サービスが進展することに伴い、益々人間が、「機械に繋がれて生きる」スタイルが一般化すると考えられます。

もちろん、そこには倫理的な抵抗もあるでしょうが、押し寄せる波を全て防ぎきることは出来ないでしょう。

そうなったとき、安楽死や尊厳死という形で、「自死」を望む方も今後は増えてくると考えられます。

今回は、延命サービスが拡大する中で、「自死」がどうなっていくか、考えてみます。

安楽死と尊厳死

言葉の説明は以下の通りです。

尊厳死は人の尊厳を尊重した状態で死を迎えることであり、安楽死は苦痛から逃れるために延命治療を断り、死を選ぶことです。

上記の説明ですと、死ぬ動機が

  • 尊厳死:自分の尊厳を重視
  • 安楽死:自分の苦痛を重視

となっています。しかし今後は、こうした「自分」を主体する理由に加えて、「忖度死」というのも増えてくる気がします。忖度死とは、

家族や社会に迷惑をかけないために、自発的に死を選ぶこと

です。つまり、

  • 忖度死:他人の迷惑を重視

となります。実際、私の母親はあるとき、

子供に迷惑をかけてまで、生きたくはない

と言ってました。

日本人は特に迷惑を過剰に気にするので、この「他人への配慮・忖度」を理由に、死を選択する人が増えるのではないでしょうか。

「迷惑気にしない」のすゝめ

「忖度死」が増える背景

「忖度死」が増えるのは、言うまでもなく、日本で高齢者の数が増えていることが背景です。

  • 高齢者ドライバーによる事故
  • 高齢者に対する暴力の件数
  • 高齢者による犯罪(万引き等含む)
  • 高齢者による社会福祉の費用

今後は、この辺りの「客観的な数字」が、世の中に広まる頻度は高くなると考えられます。

日本の法律ではまだ、自死は認められていません。

ただそれ以上に、こうした「忖度死」を斡旋するような、

グレーゾーンサービス

が増えてくると考えられます。

例えばどんなものがあるでしょう?

個人的には、「生きることと死ぬことの意味を問い直す」宗教法人が多く現れる気がします。

それから先は、犯罪の匂いを放っている気がしますので、ご想像にお任せします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す