情報技術と産業用ロボの導入で変わる農林水産業

補助金漬けの代名詞

農林水産業は、日本の一次産業の中で、政府から手厚い保護を受けています。

  • 競争力の強化に向けた設備の導入
  • 関税による国内製品の保護
  • 収入減少に対する政府の補填

などなど。飲食とかサービス業からすると、

(沢山補助金が貰えていいなー)

という形で、羨ましがられている感じさえします。

さて、そもそもどうして、日本の農林水産業は、「手厚い政府の保護」を受けなければならなくなったのでしょうか?

それは言うまでもなく、「海外との競争に勝てないから」です。関税を撤廃して、農家や漁業者の自主努力に任せてしまった場合、大半の事業者が廃業に追い込まれてしまうでしょう。

しかし、今後はPBの黒字化に向けて、政府の緊縮財政が一層拡大すると見込まれるため、政府が支給する補助金の額も、減らされる傾向にあると考えられます。

担い手不足と高齢化に苦しむ農林水産業が、これから生き残るためには、どうしたら良いのでしょうか?

技術導入と生産性の向上

答えは単純で、

「情報技術とロボットを活用して、生産性を高める」ことです。

そうしない限り、医療や介護と同様に、安い労働力に頼って生産性が高まらず、産業自体はますます衰退していきます。

外国人の受け入れが全国的に増える傾向にありますが、コレは国全体として、生産性の向上と逆の方向性に進んでいるように見えます。

それでは、現在手厚い保護によって延命している農林水産業が、最先端の技術を活用したらどのように生まれ変わるか、見ていきましょう。

農業は品質管理をデータ化

付加価値の高い製品を作るために品質管理が求められる農業は、情報処理技術と親和性の高い分野だと考えられます。

例えばビニールハウスでの栽培。

温度、湿度、天候、遺伝といった、様々な情報をAIに読み取らせ、自動的に温度や湿度を管理することが、今後の鍵です。

「品質の高い農産品を作るノウハウ」

は『農家生産』の情報として蓄積され、自動的に改善されていきます。

そういう装置を一つ作って置けば、他の場所でもプログラムを再現することが可能となります。

牛や豚・鳥といった動物についても同様に、「高い品質」を確保するためのデータを蓄積しておくことが、技術利用の第一歩として挙げられます。

後はそこに自動で働くロボットが導入されれば、人手をかけずに農作物を生産することが可能となります。

漁業もデータ管理と産業ロボ

漁業についても、基本的な考え方は農業と同じです。

従来のように、海に泳いでいる魚を採るのではなく、海域の資源データを管理し、生簀の中で魚を育てる発想が大切になります。

ここでも産業用のロボットを最大限に活用することにより、

  • 漁具の清掃やメンテナンス
  • エサや水質の管理
  • 魚の水揚げと製造加工

といった人手のかかるプロセスを、省力化して実現することが出来ます。

林業は伐採から製品製造を自動化

林業も同様に、植えた時期と刈りいれ時のデータを管理し、産業用のロボットを導入することにより、生産性を高めることが出来ます。

ただ、林業の問題点は、スギやヒノキと言った人工林が、安い値段でしか売れないことです。

販売加工した製品が、何らかの形で売れれば話は別ですが、そのままでは売れません。

伐採した樹木を基にした製品作りは、家具でも家屋でもバイオマスでも問題ありません。

ここでのポイントは、切り取ってから製品を作るまでのプロセスに、人手をなくすことです。

自動運転が実現すれば、木を切ってから工場に運ぶまでは実現可能になりそうですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す