五島という観光地で毎日わくわくしていたい

SUP事業

だんだん忙しくなってきました。SUP。アップアップにならないように気をつけますが、ご予約はお早めに!

SUPの予約ページはこちら

で、最近思うんですけど、仕事として海を捉えると、中々本心から楽しめなくなってしまうんですよね。

(台風が来たらどうしよう・・・)

(お客さん/スタッフが熱中症になったら・・・)

(板が故障したらどうしよう・・・)

もちろん、こういったリスクは事業者として、入念に想定し、対応策を講じるべきです。

しかし当たり前のことですが、そういう「心配事」を積み重ねると、海は

  • 楽しむべき対象

ではなくて、

  • リスクを孕んだフィールド

に見えてしまいます。

五島は観光地

本日、バイクで普段はあまり行かない「大泊」というところまで行ってきました。

(あー・・・。海きれーい。泳ぎたーい)

純粋に、そんな気持ちになりました。

なんていうか、初心に返ったような。

そう、五島の海は、島民にとっては

見慣れたタダの海

ですが、島外から来た観光客にとっては

神秘的な透明度の海

なのです。

人間は慣れる動物

五島に来てから、1年半くらいが経ちました。あっという間ですね。

良くも悪くも、人間は慣れていく生き物だと思います。

今日、海を眺めながら思ったことは、

五島の景色に慣れたくない

ということです。

見慣れてしまうと感動も薄れてしまいますからね。

では、見慣れない為に必要なことは?

見方を変える or 新しい景色を開拓していく

しかないと思うんですよね。もっとフットワークを軽くして、色々な分野を開拓して行きたいですね。

毎日わくわくしていたい

五島には、まだまだ未開拓の分野が沢山残っています。

海、自然、無人島、食、文化、人・・・。

そういった部分を、もっとこれから開発して、ブログ上に新鮮なネタとして提供していきたいと思う今日この頃です。

毎日、同じことの繰り返しだと、心もドンドン淵に沈んで聞きます。

そうならないために、もっと動き回ることが大切ですね。

というか、もっと遊びたい!

とりあえず最近は、SUPの合間に大浜以外の場所に潜りに行きたいです。

(特に)平日、一緒に遊んでくれる友達募集してまーす。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す