プラットフォーマーの「帝国」戦略

帝国主義

「帝国主義」という言葉を聞いて、皆さんはどういう印象をもたれるでしょうか?

植民地、19世紀、列強、戦争・・・などなど。

教科書的に言えば、

一方的に強いものが弱いものを虐げる、暴力的な装置

という印象を持たれる方が多いのではないでしょうか。

本日は、既に始まっている、新しい形の「帝国」について考えてみます。

プラットフォーマー

Google、Amazon、Facebook、Apple、といった企業の頭文字を取って、GAFAなんかと呼ばれています。詳細はこちら

その特徴としては、何と言っても

  • ユーザー数が桁違いに多い
  • 企業の時価総額が桁違いに多い

ということでしょう。

こうしたグローバル企業が「帝国」と呼ばれる理由は、企業に莫大な資金が集まり、政治的なパワーへの懸念も予想されるからでしょう。

昔と今の帝国を比べると、

  • 昔の帝国:「国」が主体
  • 今の帝国:「企業」が主体

であり、主体が移っているのが分かります。

帝国の特徴

今も昔も変わらない「帝国」の特徴としては、

 私たちの行動・考え方を変えてしまう

ということではないでしょうか。

端的に言えば、

  • 知らないことはググりましょう
  • 友達とはFBで繋がりましょう
  • 最安値はAmazonで調べましょう
  • 優れたデザインはAppleを見習いましょう

というような、「教科書的な常識」が、知らず知らずのうちに私たちに浸透していく、という点です。

好むと好まざるとに関わらず、私たちの「当たり前」はドンドン塗り替えられていきます。

ある意味で私たちは、プラットフォーマーの提供する帝国の住民であるとも言えます。

プラットフォーマー帝国

こうしたプラットフォーマーは、SNSサービスやスマホの製品、小売仲介といった、「点のサービス」を展開し、成功を収めてきました。

そこで大きな力を持ったプラットフォーマーは、更に「面のサービス」を展開していきます。

例えばAmazonの「Amazon Go」というサービスは、完全無人の店として、リアル店舗である小売店を再設計しています。

莫大な資金とデータを持つプラットフォーマーは、こうした「社会システム」の再デザインを次々に仕掛けてきます。

他の例で言えば、

  • 無人の空港が出来たり
  • 無人の映画館が出来たり
  • 無人のホテルが出来たり

することにより、社会そのものが「面のサービス」によって変わっていきます。

彼らにすれば、いわゆる「行政サービス」に必要なデータを管理するのも、朝飯前です。

  • 住民の口座を管理したり
  • 税金を過不足なく徴収したり
  • 社会リソースやインフラを効率的に管理したり

そのうち、「社会実験」と称して、Amazonあたりが何処かの無人島で、社会全体のサービスを提供する取組みを始めるのではないでしょうか。

プラットフォーマー帝国のイメージはこんな感じです。

  1. 子供が生まれる
  2. 電子国民として出生登録(遺伝情報はクラウド上に管理)
  3. 国籍・住所・婚姻・病歴・納税のデータもクラウド上に保管
  4. ビッグデータを基に、個人の健康サービスを提供
  5. ビッグデータを基に、個人のキャリアプランを提案

これを新しい形の「支配体制」と見るかどうかは意見が分かれますが、少なくとも既存のIT帝国が、「面のサービス」を社会に浸透させていくことだけは事実です。

  • 無駄が多く、非効率な社会の仕組みを是とするか
  • 無駄が少なく、効率的な社会の仕組みを是とするか

プラットフォーマーは、サービスの提供と供に、こうした問いかけを私たちに投げかけて来ます。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す