次世代自動車産業の未来

次世代自動車産業の未来

この本を読んでみました。

かなり詳しく、「激変する自動車業界と自動車の未来」について書かれていました。簡単に内容の紹介と、感想を書いておきます。

100年に1度の危機

トヨタの社長が述べている通り、自動車業界は「100年の一度の危機」であり、「生きるか死ぬかの競争」を迎えようとしています。

その理由は、

  1. 今まで自動車には無縁だったIT企業が続々参入し
  2. 自動車のあり方・産業構造が根本的に変化

しているからです。その上で、

  • それぞれの企業の経営方針や戦略
  • それぞれの国の戦略
  • 日本の立場と今後の方策

が詳しく紹介されています。

日本の自動車メーカー

本書でも問題提起されていましたが、

「日本は海外に比べ、次世代自動車産業に遅れを取っている」

という印象です。

個人的な見方として、その理由は、

自動車メーカーのピラミッド構造が上手く出来すぎている

ことではないでしょうか。

大手の会社を頂点としたピラミッド構造と、高い品質での生産方式は、日本が自動車業界を牽引してきたシステムです。

ただ、現在起きている大きな変化を前にして、

  • 今までの雇用はどうするのか?
  • 今までの取引先はどうするのか?
  • 今までの工場はどうするのか?

という点が足かせとなり、スピードが結果を左右する競争に出遅れてしまっている感じがします。現状としては、

危機意識は足りているけど、スピードが足りない

という印象です。コレは相対的な問題ですので、世界の流れと変化も見ていく必要があります。

自動車業界に限らず、他の産業についても同じことが言えそうですね。

社会課題を解決する視点

2020年に控えた東京オリンピックでは、日本の技術力を世界にアピールする重要なチャンスとなり、次世代自動車のお披露目もされることでしょう。

具体的には、5G回線に接続されて、完全に自動的に走る自動車(区間は限定)のお披露目です。

ただし、日本の都市部に関して言えば、最早クルマという端末自体が不要なくらい、電車のネットワークが完成されています。

都市部の課題は交通ではなく、地震が起きたときの防災機能でしょう。

逆に、交通が社会的な課題となるのは、交通網の発達した都市部ではなく、交通が未整理で、人手不足に悩む山間僻地です。

そうした日本の農村部こそ、

「技術の社会課題への適用」

という枠組みで、「次世代移動手段」としての自動運転を世界に披露したほうが良いでしょう。

農村部の社会的な課題

私が住んでいる五島に関して言うと、確かに課題が山積しています。

  • 利用率の低い路線バスの維持に、多額の税金が使われている
  • 高齢者が大半を占め、山間部の交通弱者が増えている
  • ガソリン依存の移動費用は、本土に比べて高額な負担
  • マニュアル運転が困難な狭い道も、多数存在する

などなど。こうした高齢化に起因する社会的な課題の多さで言えば、世界に類を見ないと言っても過言ではありません。

何もしなければ、従来の行政サービスを維持する余力がないため、住む場所をコンパクト化するしかありません。

ところが、本書でも述べられている

「公共サービスとしての自動運転による移動」

が一般化されれば、山間部の僻地で居住することが、不利な条件にはなりません。技術の視点も大事ですが、

それで社会がどう変わるのか?

という視点も大事な気がします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す