五島市民の自動車保有台数と交通情報

電車がない島・五島

五島列島には、電車が通っていません。バスは存在しますが、本数が少ないため不便です。

そのため、島民の主な交通手段は自家乗用車となります。本日は、実際にどのくらいの「車社会」なのか、数値を基にご紹介します。

①「運転人口」を試算する

五島市の人口は、2018年11月現在で37,179人です。

国勢調査による人口分布の数値を見ると、19歳以下の年齢の割合は、14%です。

更に、免許の返納が必要と考えられる後期高齢者(75歳以上)の年齢層の割合は、21%です。

そのため、

運転可能な人口 =人口総数 – 19歳以下 – 75歳以上

となり、計算すると約23,824人となります。

②自動車台数と比較する

五島市統計書(H29)によると、乗用車総数、小型二輪、軽自動車を含む「一般車両」の台数の合計は、24627台です。

そのため、「運転可能な人数」に対する割合は、103%になります。

1人に1台以上、車を持っているという状況です。

島民の感覚からすれば、「車がないと生活できない」というのは、こうした数字からも読み取れます。

更に、車の車両分類を見ると、「軽自動車」の割合が7割以上です。

なぜ軽自動車が多いのか?

これも島民からすればすごく分かりやすいですが、

五島の道路は狭い道が多い

ということに尽きます。

特に山道なんかは、反対側から対向車が来たら30mくらいもバックしなければいけない状況が発生します。

また、街中は区画整備がされていない場所も多く、駐車をするのにも不便な場所が多いです。

そのため、軽自動車の割合も多くなっています。

車が止まるとき・雪

そんな五島でも、「車が全く動かせない日」があります。それが「大雪の日」でして、こうなると島の経済はマヒします。

2018年五島冬景色~大切な事は全て雪が教えてくれた~

  • 買い物にも行けない
  • 外食にも行けない
  • 宅配便も届けられない

ということで、完全に家の中で過ごさなくてはいけなくなります。チェーンを巻く、ということにも不慣れですので、外出は控えられます。

代行サービス・タクシーも多い

そんな五島では、夜に飲みに行くと「代行運転」サービスが必要になります。

決して安くはないので、町中に住んでいないと「外に飲みに行く」という習慣が控えられます。

島の経済として、「夜の街が活性化しない」しないのは、こうした「交通面での課題」もあるかと思います。

国境離島新法などで「島外の需要」を呼び込むのも大事ですが、一方では「島内需要への対策」として、こうした交通面の課題を解決することも必要です。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す