五島列島のUIターン者が感じる”島の課題”とは?

MTGの社長が来た!

来ました。社長。詳細はこちら。

https://this.kiji.is/451038803071714401

記事にもある通り、

講演会にはU・Iターン者や地元の若手経営者ら約90人が参加

しました。その際に、UIターン者の方々が事前に伝えていた「島の課題」について、まとめた情報をご紹介します。

40名ほどの方が意見を寄せましたが、本日はその中で多かった順番にご紹介します。

1位. 交通・インフラ整備

寄せられた意見としては、

  • インフラ整備が不十分
  • 交通アクセスが悪い
  • ネットを引けない地域がある
  • 通信インフラが不十分
  • 新たな船会社の誘致又は設立が必要
  • 本島からの物理アクセスが不便
  • 高齢者の移動手段の確保
  • 輸送コストの支援が必要

など。確かに移住者にとっては、ネット環境は生命線です。地元に住む方にとっても同様に、交通は生命線です。

こうした課題は、やはり皆さん共通に感じる部分です。

2位. 市民の雰囲気

これは意外にも多くの声が寄せられました。意見としては、

  • 市民全体が本気で経済的にも文化的にも向上心が少ない。
  • 市民の諦めムード
  • 現状維持で満足している人が多い
  • 何か新しいことをすると、上の人からちょっかいが入る
  • 行政のせいにして何も始まらない
  • 島民は前向きであってほしい

などです。この辺りは、やる気のあるUIターン者からすると、じれったく感じる部分なのかもしれません。

確かに、「島を良くしていこうぜ!」

みたいな動きは煙たがられたりすることもあります。

地元の方とのかかわりは、UIターンされた方も少なからず悩みですよね。

3位. 職場

寄せられた意見としては、

  • 良質な雇用の確保
  • 障がい者の雇用
  • 給料が低い
  • 就労世帯を増やすこと

などです。

どうしても「職場」という枠で都会と比較すると、福利厚生であったり賃金であったり、都会と見劣りするのが島の現実です。

個人事業主の私の意見としては、UIターン者の方は、働くよりも自分で始める方がハードルが低いです。

4位. 情報発信

寄せられた意見としては、

  • 情報発信力の強化と観光客へのサポートが必要
  • 魅力がたくさんあるのアピールしたり活用出来たりしてない
  • PRが苦手
  • チャレンジできる島のようなイメージでメディアで発信されていない
  • 仕事と人材のマッチングが必要

などです。最近はメディアで露出する機会の多い五島ですが、情報発信はコストが低いので、観光のPRとしては有効な対策だと思います。

ただ一方で、島の戦略として、「観光路線はどーなの?」という声もありますのでご紹介します。

5位. 戦略不足

寄せられた意見としては、

  • 古い価値観=古いビジネスモデル、目標と戦略性のなさ
  • マーケットの概念が乏しい
  • インバウンドを積極的に進めるのか、安心安全な古き良き日本が残る最後の楽園にするのか?
  • “五島”としてのポジショニングが曖昧

などです。確かに、特に行政側の戦略が不足しているというのは、私も同感です。それが市長になりたい理由の一つでもあります。

その他

数は少ないけれど、寄せられた課題のテーマとしては

  • 街づくり
  • 補助金
  • 人手不足
  • 人口減少と高齢化
  • 財政
  • 行政の方針
  • 環境問題
  • 空き家対策

などが提示されました。色々な視点・課題意識があるのは良いことですね。

まとめ

私なりに、UIターン者が抱える課題を総括すると、以下の通りです。

市民全体の抱える課題として、交通アクセスやインフラ整備があります。

特にUIターン者は、ネット環境の悪さを多く感じる部分があります。

また、「地域戦略」が乏しいために、情報発信が不十分だったり、魅力を活用できていない面があります。

そのため、主たる産業が乏しく、「職場」も本土と比べて人が集まりません。

島全体で人口減少・高齢化という「負のスパイラル」に陥っているから、市民の方のやる気も削がれ、足の引っ張り合いのような事態も生まれてしまっています。

つまり、今の五島に必要なのは、「明確な戦略を持ったトップ」ではないでしょうか?(我田引水)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す