「政策のない政策」というアイデア

国の政策・県の政策・市の政策

選挙があるたび、政治家の皆さんは「政策」を訴えます。いろいろな数字を並べて、いろいろな方法を唱えて。

ただ、福岡市の市長が書かれた本を読んで思ったのですが、

政策で人間は幸せになれない

というのは、ある意味で真実だと思います。

極端な例で考えてみます。

ベーシックインカムと称して五島市民の皆さんに毎月10万円の給付があったとしましょう。

最初のうちは、みな喜んでお金の恩恵を受けますが、五島市は経済的に、「穴の空いたバケツ」であると言われます。

買い物や娯楽の場所が少ないので、結局島の外でお金を消費する、という事です。

そのため、島外でお金を散在したり、こっそり他の市町村に移住する、というのが殆どではないでしょうか。

つまり、

経済的に苦しいからお金を配る

だけでは、金魚に餌をドバっと投入するようなもので、あまり意味がありません。その他にも、

  • 病院を増やしたり
  • 交通アクセスを改善したり
  • ゴミを減らしたり

行政の方針で何かの政策を推進したとしても、あまり意味はありません。大切なのは、行政に頼らず自分たちで何かをする(しなければいけない)という発想ではないでしょうか。

 

行政の役割としては、憲法で定められている最低限度の生活保障(年金や医療・介護など)を支える事ではないでしょうか。

  • 〇〇祭り
  • ××推進
  • △導入

というのは、一旦全部廃止して、「小さな政府」を掲げて

「何もしない政策」という発想もアリかなーと思った今日この頃です。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 五島情報へ
にほんブログ村

国境離島新法の事業計画書サポート

事業計画書(新規創業)のサポートしてます。

移住入門(Kindle本)

島移住したい人の入門書2018 (¥560)
Share This Article

コメントを残す