私が五島市長だったら-40-「学びの場」の創出

田尾フラットにて

参加してきました。イベント。

田尾の経済教室<第1講 経済学とは―その概念と射程―>

https://www.facebook.com/events/370398557124459/

市役所の方や商工会の方、それに市議の方も来られて講義を聞きました。

政治と経済

講義を終えて一緒にランチをしていると、

参加された市議の方が仰ってました。

もっと若い人にも、こういう学びの場があるといいね

同感ですね。

教室に籠って、教師の話をただ聞いて、メモを取る時代は終わってます。

私が市長だったら

  • 企業経営者を呼んで講義をしてもらったり
  • 政治家を読んでトークセッションをしたり
  • 高校生を巻き込んで地方政治の談義をしたり

様々なレイヤーの方と一緒に「学びの場」を設けていきます。

中高年・シニアの学び空間

人生100年時代です。

「学びの場」は、若い人だけの空間ではなく、

シニア世代や現役の経営者層にとっても必要な場所です。

そして学ぶ事のコストは、インターネットを介すれば格段に低くなります。

そのため大切なのは、

東進ハイスクール的な学習ではなく、

双方向的な学び・気づきが得られるような体験

ではないでしょうか。

企業向けの「学びの場」

五島市には、現在使われていない無人島がたくさんあります。

そのため、企業向けに

無人島でキャンプ生活(スマホの使用はNG)

とかあったら、チームビルディング研修にも良いでしょう。

それ以外にも、アイデア次第では

「学びたい人の場所」

として、遊休資産の活用が図れそうです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す