【2019年】【長崎市】市長選挙の予想

本日は、2019年4月に行われる長崎市長選挙の予想です。

NHK長崎のニュースによると、長崎市は昨年、日本1の人口流出の数字をたたき出しました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20190201/5030003141.html

まずは例によって、過去のデータから。

直近、平成27年度は候補者がいなかったので、無投票でした。

平成23年度の市長選挙

長崎市のHPから抜粋です。

http://www.city.nagasaki.lg.jp/syokai/780000/783000/index.html

当日有権者数 360,164
投票者数 191,902
投票率 53.28%
有効投票数 189,920
無効投票数 1,971
候補者氏名 党派 得票数
田上とみひさ 無所属 150,842
太田まさひで 無所属 26,316
中田ごう 日本共産党 12,762
189,920

有権者の42%が投票するという高い支持率のもと、

現職市長の圧勝、という形で終わりました。

次に、その後に行われた「市議会」選挙と「県議会」選挙の結果です。この選挙には、2019年に出馬を予定している2名の方が当選しています。

平成27年度の市議会選挙

当日有権者数 354,203
投票者数 162,105
投票率 45.77%
有効投票数 160,011
無効投票数 2,094
候補者氏名 党派 得票数 当選表示
はしもと 剛 無所属 6,361 当選

(今回の市長選挙候補者以外の方は割愛)

平成27年4月12日執行 長崎県議会議員一般選挙

当日有権者数 356,167
投票者数 168,115
投票率 47.20%
有効投票数 165,675
無効投票数 2,432
候補者氏名 党派 得票数 当選表示
たかひら 元 無所属 7,502 当選

(今回の市長選挙候補者以外の方は割愛)

平成30年県知事選挙

一番最近の選挙では、以下の結果でした。

当日有権者数 359,085
投票者数 105,932
投票率 29.50%
有効投票数 103,504
無効投票数 2,428
候補者氏名 党派 得票数
中村 ほうどう 無所属 71,715
原口 敏彦 無所属 31,789
103,504

有権者数・投票率はどのくらい?

  • 有権者数:直近の知事選挙データと同じ
  • 投票率:直近の市長選挙のデータと同じ

という前提で考えると、

当日有権者数 359,085
投票率 53.28%
投票者数 191,320

となります。

前回の選挙(8年前)で、現職への支持率が有権者数全体の42%であったことを考えると、反現職にとっては不利な状況であると言えます。

更に厄介な事には、反現職はどちらも同じくらいの支持率です。

過去の市議・県議選挙 獲得票数 有権者数 割合
たかひら 元 7,502 356,167 2.1%
はしもと 剛 6,361 354,203 1.8%

議会選挙は票が割れるので、有権者数に対する割合は低いですが、今回も「反現職」票が分れることが予想されます。

候補者は5人?

今のところ、立候補をしているのは、

  • 田上とみひさ氏:現職
  • はしもと 剛 氏:市議
  • たかひら 元 市:県議
  • A氏:???
  • B氏:???

だそうです。A氏とB氏については情報不足です。すみません。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/unified_local_election_nagasaki/article/483888/

争点を作れるか?

データを見る限り、

  • 投票の棄権率が4割以上(8年前市長選)
  • 現職の支持率が4割以上(8年前市長選)
  • 「反現職」の票が分散する(4分割)

事から、現職が有利であると言えそうです。

ちなみに現職の市長は、長崎新聞の取材に対して、

心構えはしている。むしろ多くの候補者が出た方が、市民の本音が聞けて望ましい

と語っています。

https://this.kiji.is/335799929409225825?c=39546741839462401

実体としては、

反現職の票が分散された方が、望ましい

という事ですけどね。

とは言うモノの、状況は明らかに8年前とは異なります。長崎新聞の同記事では、

新人が立とうとする背景には、

相次ぐ住民投票請求や

歯止めがかからない人口減少など

市政への不信感が高まっていることがあるとみられる。

と解説されています。確かに長崎市は、今年の

「人口流出日本一の市町村」

です。それに加え、MICE施設の建設を巡る是非など、反現職にとって追い風となる争点は沢山作れそうです。

そのため、

  • 現状の問題を分かりやすく整理し
  • 有権者に幅広く訴え、投票率を高める事

こそが、反現職が勝利を収めるポイントだと思います。

私の選挙戦予想

私の予想としては、

票の分散が強すぎるため、現職が勝つ

です。

投票率が前回の県議選挙よりも向上し、60%だと仮定すると、獲得票数の予想値は

田上とみひさ氏 71,817
たかひら 元 氏 53,863
はしもと 剛 氏 53,863
A 氏 14,363
B 氏 3,591
棄権票 143,634
合計 341,131

っていう感じでしょうか。

「反現職の機運」は高まっているものの、それが政治を動かす力にならないという、残念な結果になりそうです。

これは2019年の夏の参議院選挙にも、同様の懸念が生じます。

「反安倍」の機運が高いけど、受け皿としての野党のまとまりのなさから、結局「安倍一強」を許すような流れです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

「【2019年】【長崎市】市長選挙の予想」への3件のフィードバック

コメントを残す