勉強会を開いて新しい時代を開拓したい

押し寄せるグローバリズム

本日は、五島市定例議会(平成31年3月6日)の草野議員の質問を参考にしながら、五島市の「経済と暮らし」を考えてみます。

草野議員の質問

  1. 種子法廃止について
    1. 五島市に与える影響は
    2. 県からどのような説明があったのか
  2. 漁業法改正について
    1. 五島市に与える影響は
    2. 県からどのような説明があったのか

長崎県の要綱では不十分

種子法の廃止については、以下の記事で紹介されています。

これに対して、長崎県からどのような説明があったか?ですが、

五島市に対する個別の説明はなく、H30年2月に基本要綱の説明会があったそうです。

他の都道府県では、TPPの号令の下で進められるグローバル化に危機感を感じ、対策を講じていると紹介されました。

草野議員は、長崎県の要綱では

「付帯決議=努力目標に過ぎない」

ため、対策としての不十分性であると指摘しました。それに加え、種子法廃止の説明を農家に十分行っていない行政に対し、

まずは真実を知らせて欲しい

との要望をしました。知らないままだと、理不尽な損をすることになりますので、何事もまずは「知ること」が大事ですね。

都道府県での条例

セットの流れで、「漁業法の改正」についても質問がありました。

これについて、長崎県からは

運用の調整を図っているので、具体的な説明はない

状態だそうです。これも種子法と同じですが、

農業・漁業が変更させられようとするとき、現場に情報の通達がない。ここに大きな恐怖を感じる。

と草野議員は述べています。

確かに、緊縮財政の流れの中で、次々と規制緩和がされる影響については、十分に知られていない気がします。

緊縮財政が国を滅ぼす?

私が市長だったら

一次産業で働く方とか、学生さんとかを集めて、

世界の変化を知り、次世代を切り開こう!

っていう勉強会をやるんですけどね。

  • 再生可能エネルギーの未来
  • 金融資本主義経済の未来
  • AI社会で人間はどう生きるか?

とか、大きなテーマで市民を巻き込んだ勉強会をしたいです。

今ですと、リーマンショックの10倍ものインパクトがあると言われる「ドイツ銀行」の問題に興味があります。

とりあえず、今月はこれを読んで勉強します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す