宗教対立を緩和するストレスマネジメント

スリランカのテロ

読売新聞によると、スリランカでのテロでは、ニュージーランドの銃乱射テロに対する報復? との報道がされています。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20190423-OYT1T50261/

私自身、このニュースには無関心でいられない理由があります。

一つは私が「心理学」を学んでいたことです。

そしてもう一つは、私がスリランカにも旅行した事があり、ニュージーランドにも語学留学した事があるからです。

スリランカは、仏教徒の方が多く、市内の人口密度は非常に高いですが、人はとても優しかったです。

ニュージーランドは、テロという言葉とはおよそ無縁と思われるくらい、世界中から観光客が集まり、大自然を楽しんでいました。

そして今、私が住んでいる五島には、

日本の中でも多くのカトリックの教会群が存在していて、

昨年は教会群が世界遺産にも登録されました。

「心理学・スリランカ・ニュージーランド・テロ・宗教・教会」

こうしたキーワードは私に強く関係しているため、

個人的に何か出来ないだろうか?

と感じています。本日は、その解決方法を考えてみます。

不満のはけ口

人間は社会で生きている以上、大なり小なり「不満やストレス」を抱えて生きています。

その原因は人それぞれですが、発露の方法も人それぞれです。

デモや抗議活動など、政治的な手段を用いる場合もありますが、「無差別テロ」は、究極の不満の発露方法です。

しかしおそらく、

無差別で悲惨なテロが起きてほしくない

という想いは、宗教や人種を超えた、最大公約数的な願望だと思います。

私は、実際にテロを起こした人の事は知りませんし、現時点では報道されている事しか分かりません。

ただ、少なくともテロを起こした人物は、「相当な不満」を抱えていたのでしょう。

私たちが普段、日常的に経験している「些細な不満やストレス」、その積み重ねと延長線上に、悲劇的な爆発テロがあったのだと思います。

私たちの生活で言えば

  • お酒を飲んだり
  • カラオケに行ったり
  • 買い物をしたりして

多くの人がなんとか「不満やストレス」を解消させています。

そうした「ストレスを健全に発散する場」が、

テロが頻発している世界でも、ますます必要とされていくでしょう。

宗教の壁を越えて

今回の事件を受けて、宗教間の派閥は、ますます大きな「緊張関係」を迎えるでしょう。

国は権力を強化してテロの防止に努めるだろうし、検閲も激しくなります。

「発生を防ぐ」という対処療法も必要ですが、

「テロの発生原因を根本から取り除く(=不満の解消)」

というそもそも対策も必要です。

そのためには、私たちはそろそろ「宗教の枠」を超えて、

互いの不満を裸でぶつけ合う

必要があると感じます。

それは勢いとしては、夫婦喧嘩と同じです。

そこでたとえ、どれだけ汚い言葉の罵り合いがあったとしても、「無差別テロ」(夫婦で言えば殺人)が起こるよりは100万倍マシです。

現在は

  • 〇〇教徒の礼拝施設
  • ××教徒の集会・催し

がスタンダートです。

しかし今後は、お互いの宗派を超えて、歩み寄りが行われるような「複合施設」が求められるのではないでしょうか。

それは何も、大きな「ハコモノ」を建てるという話ではなく、宗教間の生活様式を上手くバランスさせ、「不満を解消する場」を作るという事です。

スリランカやニュージーランドにも、おそらくそういう場所はあるのでしょう。

しかし現実として、その機能や規模が不十分であったために、「不満の解消方法=無差別テロ」になってしまったのだと思います。

不満を解消するアイデアは幾つでも考えられます。

大切なのは、政治の役割として、

世代・人種・宗教の壁を越え、無差別テロが起きない社会

を目指すことではないでしょうか。

そのための手段として、心理学が役に立つと考えてます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す