昭和の常識・令和の非常識

昭和の常識・令和の非常識

おはようございます。

本日は「昭和の常識・令和の非常識」です。

令和の時代は、一言で言えば

昭和の時代の価値観が、あれよあれよと剥がれていく時代

だと思います。

思いつく限り、10個ほど列挙していきます。

1. 働かざる者、食うべからず

働き方改革が唱えられていますが、もっと踏み込んだ「生活改革」も推進され、今後はベーシックインカムも真剣に議論されていくでしょう。

https://www.masemon.com/basic-income#toc16

2. お金がないと、生きていけない

まだ割合は少ないですが、既にお金がなくても生活を営んでいる人はいます。

参考:ホームレス小谷 氏

https://entrenet.jp/magazine/13278/

3. 結婚こそ、人生の「通過すべき点」

LGBTの方への法整備も含めて、「結婚を巡る価値観」も大きく変わっていきます。

4. 夢のマイホーム

シェアリングエコノミーの普及により、ますます「大きなモノや資産」を持つ人は減っていくでしょう。

5. ランドセルを背負って毎日学校に通う

今、学校の先生は非常に大変で過酷な働き方が問題視されています。

それだけでなく、児童や生徒の「いじめを巡る悲惨な事件」も相次いで報道されています。

こうした不幸を減らすために、「学校に行かないという選択」が、今後はますます増えていくでしょう。

6. 高学歴・大企業・安泰な生活

「昭和の人生ゲーム」を勝ち抜くための一気通貫レールは、既に存在しません。

7. 終身雇用&滅私奉公

レールがないので、労働者は身を粉にして「ブラック企業」に留まる理由がなくなりました。

8. 専業サラリーマン

会社が個人の生活を一生面倒見れない以上、複業はますます一般的な収入を得るスタイルとなります。

参考:

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190419-00000276-nnn-bus_all

経団連・中西宏明会長「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。どうやってそういう社会のシステムを作り変えていくか、そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が進んでいるので」

9. 安定の公務員

公務員の仕事はますますキツくなっていきます。

そもそも、地方自治のあり方も、大阪維新の会が唱える「道州制」によって、根幹から変更となる可能性もあります。

10. 右へ倣へ&空気を読む

こうした社会の変化を受け、

「ことなかれ主義」的な発想が良しとされる日本人の気質は、徐々に変更を迫られます。

まとめ

まとめると、令和の時代は、

  • ジェットコースター並みに変化の大きい時代
  • 「従来の常識」が通用しない時代
  • 正解のない時代

です。この時代を生き抜くためには、

  1. 日々様々な情報に接し
  2. 自分の頭で考え
  3. 失敗を繰り返しながら
  4. 正解を探していく

スタンスが大事です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す