五島で風を待つ

みなさんこんにちわ。

本日は、2020年の夏時点で「どんな風が吹くだろうか?」の予測です。

まずは追い風から。

追い風1.元号改訂

30年ぶりとなる元号の改定は、

昭和→平成のバタバタした感じ

ではなく、歓迎ムードの中で行われます。

そうした状況を受けて、

  • 仕組みを新しくしていこう!
  • 若い世代も頑張ろう!
  • 失敗してもええじゃないか!

みたいに「世直しの機運」が高まるのではないでしょうか?

TV番組でも、「令和の〇〇!」が特集される気がします。

基本的に、日本人はお祭りごとが大好きです。

元号の改定に伴う「お祭り気分&世直し気分」が、

1年半くらいは続いてくれることを期待しています。

追い風2.政権基盤

あべっち政権が発足してから、戦後最長の長さを更新する勢いです。

ただ、平成の末時点では、様々な「突っ込みどころ」が蔓延しています。

あなたは幾つ思い出せますか?

世の中は、「盛者必衰」であり「栄枯盛衰」です。

野党のいざこざにより、現政権が延命する時間は伸びるかもしれませんが、長期政権がもたらす厭世観は、必ず高まっていきます。

それに加えて、2020年2月には、米国の大統領選挙もあります。

そろそろ変え時だな・・・

っていう世の中の雰囲気が高まっていくことは、避けられないでしょう。

そういう形で、既存の大政党に対する求心力の低下が避けられない事も、無所属で立候補する私にとっては追い風になる気がします。

向かい風は?

では逆に、私にとっての「向かい風」はどんなイベントがあるでしょうか?

強いて言えば、

社会の高齢化に伴う高齢者候補への期待

が挙げられるかもしれません。

先の統一地方選挙、北区区長選挙では、最高齢となる83歳の現職に、の若手新人候補(35歳)が敗れました。

https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_534950/

こうした事例からも、都市部では

高齢者の気持ちが分かる高齢者の候補者

の人気が高いことが伺えます。

今後は加速度的に社会が縮小し、行政サービスも縮小し、高齢者の暮らしを支える基盤も苦しくなっていきます。

そうなったとき、心理的に好まれるのは、やはり高齢者だと感じます。

そうした向かい風もあるかと思いますが、

全体的にどんな風が吹くのか?

楽しみにしながら

風の吹く島、五島での日々を過ごしていきます。

それでは☆彡

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す