カネミ油症と大量消費社会

カネミ油症

カネミ油症は、日本で最大の食品公害です。

Wiki情報はこちら。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%83%9F%E6%B2%B9%E7%97%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6

事件の原因

まずは事件の本質について、考えてみます。

事件の本質は、「生産者サイドの責任構造」にあります。最初に紹介した本の記述(沢井裕教授の論文)から抜粋です。

今日の商品の製造、販売の機構は、極限まで合理性、採算性を追求する結果、網の目のように入り組んだ分業と共同から成り立っている。

何らかの事故が生じた時には、その企業ごとの責任を分断することによって、「利益は取得するが損失は負担しない」メカニズムを作り上げようとする。

そうした構造の中で、

  • 製造物を責任した業者が責任を取ろうとしない
  • 安全基準を審査する国も責任を取ろうとしない

という状況が生まれ、裁判での長い法廷闘争が続きました。

続く認定問題

「カネミ油症は昔のこと」ではなく、現在も続いている問題です。

51年が経った今でもなお、被害者の苦しみは続き、国への緩和基準の見直しを求める運動が継続しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00002432-nbcv-l42

具体的には、「血液中のダイオキシン濃度」が認定基準とされていますが、それは被害の「一つの症状」に過ぎません。

以下、五島市のHPの情報を抜粋です。

水俣病(みなまたびょう)の研究で有名な原田正純(はらだまさずみ)先生は、カネミ油症を「病気のデパート」と例(たと)えるほど、実にさまざまな症状(しょうじょう)があります。

事件のおきた当初は、強い倦怠感(けんたいかん)(疲れ)とともに大量の吹き出物や目やに、つめや歯茎(はぐき)の変色など、皮膚(ひふ)症状が主でした。

特に、吹き出物は顔や背中、耳の後ろやおしりなど全身にできて、ひどい悪臭がしました。

そのうちに、髪(かみ)の毛が大量に抜(ぬ)けたり、視力(しりょく)が低下したり、耳が聞こえにくくなったりしました。

また、脳梗塞(のうこうそく)で倒れたり、歯がぐらぐらして抜けたり、骨の変形や関節(かんせつ)の痛(いた)みで歩けなくなったりと、全身におよぶ疾患(しっかん)で苦しむようになりました。

また、さまざまなところにガンができて、亡くなる患者(かんじゃ)が増えていきました。やがて、皮膚(ひふ)の黒い赤ちゃんも生まれるようになりました。カネミ油症は、まさに全身病なのでした。

このように、カネミ油症の認定を巡っては、現在の認定基準(血中のダイオキシン濃度)では圧倒的に不十分であることが分かります。

大量消費社会の欠陥

カネミ油症を巡る問題は、「大量消費社会が抱える構造的な問題」の一つの側面であると言えます。

別の側面では、私たちが消費するゴミにも現れています。

私たちは消費者として、「作る・使う」の工程には関わるけれど、「捨てる・処理する」という部分には、全く無関心である、という構造です。

私たち日本人は、戦後一貫して、「安くて便利で効率的な生活」の中で暮らしています。具体的には

  1. メーカー企業が凌ぎを削って利益を稼ぎ
  2. 中間層の消費者が大量にモノを買い
  3. コンビニと100円ショップでプラごみを消費する

生活です。

昨今では、プラごみの規制も強化されていて、日本はこの処理に対応を迫られています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190512/k10011913361000.html

記事によると、

世界で廃プラスチックの輸出量トップのアメリカと2番目の日本は去年、輸出の総量がおよそ30%減り、その分、各自治体で抱える量が増え、対応に苦慮するケースが相次いでいます。

カネミ油症も同じく、生産サイドが「作り・販売」した製品に対して、その後の「消費者を保護する」という責任の受け皿が全く存在していませんでした。

そのため、救済を巡る制度もなく、裁判で長い時間をかけて補償を勝ち取るという、途方もないプロセスが現在も続いています。

どう変わるか?

現実的な問題として、私たちはプラスチック製品に象徴される「大量消費社会」そのものを見直しを迫られています。

方法としては、

  • 大量生産・大量消費そのものを辞める

という急進的な方法と、

  • 生産した後・消費した後の事も考えながら消費する

というマイルドな方法があります。

現在は後者の方(レジ袋への課税や分別の厳格化)が主流になっていますが、私は同時並行で多発的に実践を試みて、一番現実的な路線に移行するのが良いと考えています。

イメージとしては、砂山の頂上からとりあえず水を流してみて、一番スムーズに水が流れたルートを開拓する感じです。

「緻密な計画を立てる」よりも、「実践を繰り返してミスをする」事が大切なので、同時多発的なアプローチを始める事が大切です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す