久賀島のアフリカミュージアム

アフリカミュージアム

行ってきました。アフリカミュージアム。詳細はこちら。

https://blogs.yahoo.co.jp/colombo1026/39354318.html

感想を一言で言えば、

脈絡のない多様性に溢れていて面白い!!

って感じです。アフリカの国々の人たちが持つ美的感覚は、私たちが見慣れている(見せられている)世界とは異質のものでした。

  • 腕が異様に長かったり
  • 髪の毛が異様に長かったり
  • 耳が奇妙な形をしていたり

それはまるで、水族館。

私が水族館を好きなのは、そこに多様な美しさがあるから。

言い方を変えれば、何でもあり。

これからの時代、何かを変えようと思ったら、まずは見方を変える事が必要になる気がします。

見方を変えるために必要なのは、アート作品に触れて、

今までとは違った見方に対する抵抗感をなくす

ことだと思います。基本的に人間は、

  • 見慣れないモノには違和感を感じる
  • 聞いたことがないモノは疑う
  • 知らないモノは嫌う

という特性があるから猶更です。

どうしてアフリカは多様?

なぜアフリカは、それだけ多様なアートの形に溢れているのか?

私なりに、社会心理学の視点を基に考えてみました。

アフリカは水平方向に広く、常に他の部族との交戦が可能な緊張状態にあります。

そうした中で死活問題となるのは、

「いかに部族間の結束を強固にするか?」

というテーマです。全国で流行った「ゆるキャラブーム」のように、「自分たちのカラー」を作り上げる事が、結束を強めるエッセンスだったのかもしれません。

しかし人間なんて、言ってしまえば肌の色以外に大きな違いはありません。

イメージとしての部族

アフリカミュージアムで展示されていた作品の多くは、「あまりにも人間の体から乖離した身体のイメージ」です。

自己イメージを身体性から大きく遊離させている理由は、

  1. 他の部族との緊張状態・混乱を避けるために
  2. 自部族のイメージ・結束を固める必要があったから

ではないでしょうか?

動物で言えば、熱帯に住む魚の色が様々であるように、身体的な特徴を識別のために変異させた感じ。

そうした意味で、アフリカミュージアムの作品は、

「現代的なアート」

という枠組みではなく、

「部族間の生存戦略として生まれたイメージ」

と捉える方が、しっくりくるのかもしれません。

まとめ

アフリカに住む人たちの間では、

「明日どうやって生き延びるか?」

というテーマが、死活問題だったはずです。

アフリカが地理的に、物理的な閉鎖空間の少ない場所であるという点を考慮すれば、

  • 部族同士の衝突可能性が高い
  • 生存戦略上、部族同士の結束が何よりも重要
  • 他の部族との「差別化」が必要

という点が見えてきます。そのため、

どうしてアフリカミュージアムの作品が、あれだけ多様性に満ちているのか?

という疑問に対しては、

部族内の結束を強める手段として、差別化できる「部族のイメージ」が必要だったから

が一番しっくりくる気がしました。

このイメージは、歴史的に見ても、「国家のナショナリズム高揚」のために使われている気がします。

例えば戦時中の日本で言えば、

  1. 国家が「神国日本」というイメージを国民に植え付け
  2. 国民が「戦争に行くこと」に対する抵抗感を減らし
  3. 国民が「わたしたちのために」戦う覚悟を持たせる

ような形で、「国民のイメージ」が使われていた気がします。

皆さんもぜひ、アフリカミュージアムに足を運んでみてください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す