君の名は。

おはようございます。

ラオス国家認定の像使いの中西です。

さて本日は、私なりに

「どういう政治家を目指すべきか?」

というテーマへの回答のご紹介です。

これは政治家に限らず、評価経済が主体となる、今後のビジネスにも通じるので、参考になれば嬉しいです。

コンピューター付きブルドーザー

昭和を代表する田中角栄氏を巡っては、数々の逸話やエピソードが知られています。

本記事では、細かい紹介を省きます。

中でも異名として

コンピューター付きブルドーザー

なんていうあだ名もあったそうです。

頭が切れて、実行力のあるという意味ですが、今の時代の政治家に求められるのは、こういった部分でしょうか?

  • コンピューター並みに頭の切れる政治家
  • ダイナマイト並みに破壊力のある政治家

国政レベルではともかく、小さな島に暮らす地方自治の現場で言えば、こうした要素はあまり求められていないと感じます。

忖度王

数多く紹介されている田名角栄の魅力の中で、一番本質的なのは、

誰に対しても好かれる

という部分だったのではないでしょうか。もちろん、田中角栄は無条件で好かれていたのではなく、尋常ならざる「ギブ」があったからです。

具体的には

  • 会った人の名前は全員必ず覚える
  • 誰に対しても細かい気配りが出来る
  • その人が困っているモノを差し出す

という感じです。

どうしても人間は、立場や肩書が増えると

「偉そうな人間」

になってしまいがちです。しかし田中角栄は、どんなに偉くなっても「万人への忖度」を徹底した政治家ではなかったでしょうか。

名前と顔

何を隠そう、私は「人の名前」を覚える事が大の苦手です。

これは政治家志望の人間として、致命的です。

「覚えるのが苦手」は単なる言い訳で、本当は「覚える気がない」が正解です。太宰治風に言えば

「政治家失格」

です。先日はふと、そのことを痛感しました。

 

民主主義の選挙という、一種のゲームの本質は、

どれだけ多くの有権者に、「自分の名前」を書いてもらえるか?

です。そうなった時、ギブアンドテイクの視点で言えば、

候補者が、どれだけ「有権者の名前」を書けるか?

が大事な要素です。

自分が知らない人から名前を書いてもらえるはずはありません。

例えば自治体の住民が、一か所に集まって大名行列を作り、政治家に流れ作業で顔を見せていくとします。

その時に、候補者がどれだけの数の有権者の名前を知っているか、その数が選挙の票数だとも言えます。

「1対N」 より「1対1」の関係へ

私は今まで、「1対 N」の情報発信がメインでした。

  • 五島市の財政や社会構造
  • 今後の社会が目指すべき方向性

など、ふわっとしていて、市民の方がピンとこないテーマが殆どです。

果たして本当に、そのメッセージが「一人の市民の心」に届いているでしょうか?

何だか地に足が就いていないなあと感じました。

これからは、今までないがしろにしていた「1対1」の関係性を見直す必要があると感じました。

具体的なアクションとして、

  • 一度会った人の名前は忘れない(メモを取るなり反復するなり)
  • 名前を書く練習をする(「〇〇様へ」を手書きする)
  • 自分の本音を人に伝える

という部分です。

理想の政治家

私の場合、田中角栄レベルまで「他人への忖度」が出来る事が理想です。

五島市の例で言えば、人口はたったの36,599人(令和元年2月末)です。

昨日は、「五島に来てから貰った名刺」を総点検し、ファイリングしていました。集計した結果、「五島市民から頂いた名刺」の数は、280枚くらいありました。

感覚値として、「名刺はないけど知っている人」の数で言えば、その5倍くらいでしょうか。

ですので、私の「知り合いの人口」は、現在約1400人くらいで、人口比にすると3.8%です。

ただし、私が「名前まで書ける」のは、その半分以下だと思います。段階的に、その人との心の距離を縮めるためにはいくつかのステージがあります。

  1. 顔を見て、その人の名前がパッと書ける
  2. その人の生い立ちや現在の仕事を知っている
  3. その人が抱える悩みや不安、実現したい事を知っている

ステージ3までくれば、心の距離はぐっと近まります。

私はまず、ステージ1を徹底的に磨く必要があります。

「君の名は。」

これをもっと大事にしていきます。

時間は掛かるかもしれませんが、心意気としては36,599人の名前を全て言える位を目指します。

名刺を再確認し、出来る限り丁寧に文字を書く練習をします。

色々な気付きがあり、毎日感謝しています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

YouTubeチャンネルはこちら↓

後援会活動サポートのお願い

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

「君の名は。」への2件のフィードバック

  1. おおっ!なるほどなるほど…
    ギブアンドテイク…
    確かにそうかもしれませんね。。
    そして選挙前にそれに気付いて良かったですね!

    今の中西さんは一年前に比べ、だいぶ話しやすくなっていて良かったと話していた人がおりますよ!

    これから情報発信楽しみにしております!

    1. ありがとうございます!
      ほんとに、今までどうして気が付かなったのかと思うくらいですが、
      気付けて良かったです!
      これからも宜しくお願いします!

コメントを残す