環境政策を通じた島づくり

本日は、降り続く大雨の中で、散文的に書いています。

環境問題について

政治と密接に関わりのある環境問題。

荒ぶる自然災害を見るたびに、

なんとかしなきゃ

って感じる。

自然災害を減らすために、必要なアクション。

身近な例で言えば、ゴミ袋の有料化。

でも考えれば、もっと沢山出来る事があるはず。

身の回りの生活を見直し、ゴミを減らす事。

「大きな旗」を掲げるのが政治の仕事だけど、綺麗な理念だけでは長続きしない。

継続するには、お金がきちんと回る仕組みづくり、体制づくりが必要。

そして何よりも、一人一人の意識と活動が必要。

 

 

日本の離島である五島。

自然が美しいからこそ、クリーンな環境を目指したい。

それを世界のモデルにしていきたい。

 

だけど今は、ビジョンを共有できていない気がする。

政治と市民の関係は、冷え切った夫婦のよう。

お互いに、歩み寄れない形になってしまっている。

 

両者の距離を縮めるテーマとして、

お互いへの信頼を深めるテーマとして、

自分だけでなく世界的なテーマとして、

環境問題を考えていきたい。

 

きっとできる事は、沢山あるはずだから。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

YouTubeチャンネルはこちら↓

後援会活動サポートのお願い

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す