五島での感染拡大を防ぐために

7月20日の19時過ぎ、五島市内で初となる新型コロナ感染者が報じられました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6a11a409090e5c944d49fab868944a8c2c44234

7月21日、12時ごろに五島市のHPでも情報が掲載されました。

多くの市民の方から、「発表が遅い」という声を聴きましたが、その通りだと思います。

保健所が県の管轄だから、市はどうしようもできない

というのが実体ですが、少なくとも情報が出される仕組みを市民に説明し、改善する事が必要です。

 

加えて、五島市としても感染者の流入を減らすための呼びかけが必要です。

4月16日の緊急事態宣言が発令された際は、市長は「訪れない優しさ」を全国に呼び掛けました。

その時と比べ、医療体制が充実したわけではなく、状況は変わっていません。

そのため、再び五島市では「島外からの来島自粛要請」を出すべきです。

感染された方との接触がある方について

市長からのメッセージでは

7月21日から22日までに五島市保健所から連絡があり、希望される方は全員検査を受けて頂きます。

との事でした。

以下、長崎県の発表より
https://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2020/07/1595306166.pdf

1.患者の状況
【45例目】
① 年齢・性別 70代、男性
② 職 業 自営業
③ 居住地 五島保健所管内(五島市)
④ 国 籍 日本
⑤ 行動歴 7月 5日~ 8日 県外
7月 9日~ 市内在住
7月19日 発熱(37.6℃)あり
7月20日 帰国者接触者相談センターへ相談し、帰国者接触者外来を受診。LAMP法検査を行った結果、陽性であることを確認
7月21日 感染症指定医療機関へ入院
⑥ 濃厚接触者の状況
現時点で濃厚接触者なし。接触者については調査中である。

【46例目】
① 年齢・性別 70代、女性
② 職 業 自営業
③ 居住地 五島保健所管内(五島市)
④ 国 籍 日本
⑤ 行動歴 7月 3日~ 8日 県外
7月 9日~ 市内在住
7月19日 発熱(37.6℃)あり
7月20日 帰国者接触者相談センターへ相談し、帰国者接触者外来を受診。LAMP法検査を行った結果、陽性であることを確認
7月21日 感染症指定医療機関へ入院
⑥ 濃厚接触者の状況
現時点で濃厚接触者なし。接触者については調査中である。

まとめ

五島市が感染拡大(デマや風評被害を含む)を防ぐために必要な事は、

  1. 情報を早く的確に公開する仕組みを作る
  2. 島外への来島自粛を呼びかける

です。「2」は市長として断腸の思いがあるでしょうけど、このタイミングで出す事こそが大事だと感じます。

長崎県の知事の方針にも反していますし、今まで進めてきた「観光推進」の方針にも反します。

中村知事は記者会見の中で、「離島地域の方の声を尊重する」と述べた上で、

それぞれの組長から、「これ以上(観光客を)待てない」という意見であった。

と述べています。

しかし、今こそ政治的な決断により、観光路線から撤退するチャンスでもあります。

4連休の間に観光施設を閉鎖するむつ市と同じくらい、堂々とメッセージを発する事が大切です。

https://mainichi.jp/articles/20200721/k00/00m/040/007000c

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

YouTubeチャンネルはこちら↓

後援会活動サポートのお願い

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
Share This Article

コメントを残す